四方を海に囲まれ、世界でも他に類をみない豊かな魚食文化を誇る日本。
しかし、その魚のことを、私たちはどれくらい知っているでしょうか?

かつて世界最大の漁業大国であったこの国の水産資源は、
もう放っておけないほど危機にさらされています。

種の保存を考えずに、目の前にあるだけ獲ってしまう。
そしてどのように獲られたかを気にせず、目の前にあるだけ買ってしまう。

そんな生産者と消費者の共犯関係が今、
普通にスーパーに売られているような魚を
絶滅の危機にすら追い込みつつあるのです。

このままでは、次の世代が私たちの豊かな魚食文化を享受することができなくなってしまう。

そこで私たちは、国内外でサステナブルな漁業に取り組む組織や人々にクローズアップ。
彼らが実際に獲った魚を味わいながら、課題解決のヒントを
読者とともに探っていく雑誌「イサリビ」の創刊を決意しました。

サステナブルな漁業ってなに?

世界にはサステナブルな漁業を推進するため、さまざまな認証制度や啓蒙活動があります。
ノルウェーのサバ漁。各漁船にその年に獲れる漁獲枠が設定されているため、急いで漁に出る必要がなく、サバが最も美味しく簡単に獲れる時期を狙って出漁している。
ノルウェーのサバ漁。各漁船にその年に獲れる漁獲枠が設定されているため、急いで漁に出る必要がなく、サバが最も美味しく簡単に獲れる時期を狙って出漁している。
サステナブルな漁業って?
水産資源を科学的に理解し、次の世代も魚が食べられるよう漁獲枠を設定し、資源を守りながら漁業を行うことです。日本で行われている漁はヨーイドンで多く獲れたもの勝ちのオリンピック方式と呼ばれ、乱獲の一因と考えられています。
魚が食べれなくなるの?
漁業の技術は飛躍的に進化しており、そのスピードは魚が子供を生み自然に増えるスピードを上回ってしまいます。人間がテクノロジーを駆使し、獲れるだけの魚を獲ってしまうと、将来は食べる魚が海からいなくなってしまうかもしれません。
漁師さんが獲りすぎなければいいんじゃないの?
漁業の現場では、自主規制として漁期の制限や複数年にわたる禁漁措置など、自主的に資源を守る努力がされています。しかし、私たち消費者はそのことを知っているでしょうか?消費者が、もっと食べたい、もっと欲しいと願う限り、漁師さんはそれに応えようとします。魚を獲る漁師さんだけでなく、食べている私たちも当事者です。
日本の漁業は先進的でちゃんとしてるんじゃないの?
かつて日本は世界最大の漁業大国として君臨しましたが、残念ながら資源管理という点では、国の政策も、私たち消費者の意識も、世界から遅れていると言わざるを得ません。世界では漁業は成長産業であり、より継続的に発展するために資源を守りながら魚を獲るのが一般的となっています。
魚が食べれなくなるの?
漁業の技術は飛躍的に進化しており、そのスピードは魚が子供を生み自然に増えるスピードを上回ってしまいます。人間がテクノロジーを駆使し、獲れるだけの魚を獲ってしまうと、将来は食べる魚が海からいなくなってしまうかもしれません。

よくあるご質問

商品はいつ、どのように届きますか?
商品の出荷準備が整いましたらメールにてご連絡させていただきます。冊子は商品に同梱されて届きます。配送はヤマト運輸のクール便にてお届けします。
配送の日時指定はできますか?
お届けする商品によって変わりますが、猟期や水揚げの状況によっても変わります。長期出張など、お受け取りが難しい場合はお問い合わせください。
申込みの締切はありますか?
年4回発行を予定しており、それぞれの号に締切日がございます。ウェブサイト、Facebookページにてご案内しておりますのでご確認ください。
過去に紹介された商品を購入したいのですが、バックナンバー販売はありますか?
冷凍品など保存可能で、在庫があるものについてはバックナンバーの配送も承ります。バックナンバーの受付ができるものは都度ご案内いたします。
購読は定期購読だけですか?1号だけの購読もできますか?
年4回発行を予定しており、それぞれの号に締切日がございます。ウェブサイト、Facebookページにてご案内しておりますのでご確認ください。購読は定期購読のみ承っておりますが、バックナンバーは商品により単体でもお買い求めいただけます。
申込みの締切はありますか?
年4回発行を予定しており、それぞれの号に締切日がございます。ウェブサイト、Facebookページにてご案内しておりますのでご確認ください。